こどもの日は楽しめましたか?今日でGWも最終日ですね☆ | 「阿倍野駅」からスグ、まつ毛エクステならA-stage

Staffblog

こどもの日は楽しめましたか?今日でGWも最終日ですね☆

昨日は子供の日でしたね。 

子供の日の由来や意味を調べてみました。

中国から日本に伝わった「端午の節句・五月最初の午の日・五月五日の節句」は、時代は奈良から平安の時代でした。
この頃は、五節句の「人日、上巳、端午、七夕、重陽」として、季節ごとに身の穢れを祓う日とされていました。
貴族たちは、これらの日に薬草摘みに出かけたといわれています。優雅ですね。

「薬玉・くすだま」と呼ばれる薬草の玉を贈り物にしたり、身体の穢れを祓うとされた菖蒲を使って、健康と厄除けを祈願しました。
武士の時代にこの菖蒲が、尚武(武を尊ぶ)に通じるとして、端午の節句を男の子の節句として祝うようになって行きます。
鯉のぼりや五月人形などを飾るようになったのは、江戸時代の商人文化の流れのようです。

五月人形の鎧や兜などを飾る風習は、戦いに出て争うものではなく、男子の身を守って健康に成長するように願ったものなのです。
また、時代ははっきりしませんが、「早乙女」と呼ばれた若い女性たちが、田植えの前に身を清めた由来もあります。
田植えの前に穢れを祓うために、菖蒲と蓬で屋根を覆った小屋で「物忌みのため」にこもったそうです。

稲作文化の日本での、5月の田植えなどの伝統行事も考えて合わされた、「子供の日」の設定なのでっしょうね。
男女関係無く、5月5日が「こどもの日」とされたのは、当初の由来が『男の子』のみの日ではなかったから、と考えられます。
『端午の節句』が男の子の節句として祝われるようになったのは、「武家の時代」からと歴史の中ではあまり古くはないことでも、納得はできますね。

青空に泳ぐこいのぼりはすてきですね☆
きょうでGwも最終ですね。 今日はのんびりとご自宅でお過ごしのかたも多いいと思います。
今日は 夕方以降に空きが少しございます。 
ご予約お待ちしております☆

まつ毛エクステ 天王寺Aステージエステサロン☆